朝起きてダイニングをみると夕べ用意していたご飯がそのままになっている


夕べも帰って来なかったんだ…


廉はほとんど帰ってこない


帰って来たくないのかも


……きっとそう


私はいつものように片付けをはじめた


もう慣れたもの


どうせ食べないなら作らなければいいかもしれない


でも…


レシピ片手にもしかしたら食べてくれるかも知れないと料理する時間が唯一幸せを感じる


ひとりじゃないと感じさせてくれる


だから作るのをやめられない

この作品のキーワード
医者  冷たい  政略結婚  俺様    結婚  身代わり  片想い  年の差 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。