気づいたら寝室のベッドに寝ていた私


いつのまにかパジャマになっていた


ここまで廉にやらせて申し訳ない気がして一言謝ろうと思った


幸い肋骨はがっちり固定されていて痛みもほとんどない


私は立ち上がり寝室をでた


でもそこには誰の気配もない


廉は仕事に行ったのかも知れないな…


仕方ない


水でも飲もうとグラスを持つとグラスが二重に見えた


???


まわりに目を向けると揺れてる…?


『ガシャン』「あっ!」


手が滑ってグラスを落としてしまった

この作品のキーワード
医者  冷たい  政略結婚  俺様    結婚  身代わり  片想い  年の差 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。