病気で亡くなったはずの桃花が生きていた…。



朝、起きた桃花は、目の前に死んだ姫花がいてびっくり…


あれは、夢だと気付いた桃花。
だけど、あれは夢じゃなくて…?



そして、桃花は、同じクラスの友達から嫉妬されてしまう。

いじめに遭って、記憶喪失になってしまう。


病院に来た姫花が、凛に真実を言う。








<ねぇ、好き。上>の続きです☆





この作品のキーワード
友情  結婚  記憶喪失