2012年9月
----------------------


(あ……)


ガシャーン。

危なっかしいな、と思った次の瞬間。

その女の子の自転車は、並んで駐めてあった数台の自転車ともどもドミノ倒しになった。


「あーあ、もう」


腰に手を当てて天を仰ぐ、ちょっと目を引くかわいい子。

大きな水玉のパーカーに、丸いフォルムのホットパンツ、マルチボーダーのニーハイソックスというカラフルないでたち。

高い位置でポニーテールにされた長い茶色い髪は、腰近くまで届いてる。


(どこかで会ったっけな)


見覚えがあるような気がする。


悲しげにため息をついて、ひとりせっせと自転車を起こす健気な様子が気になって。

気づくと俺は、隣で一緒に自転車を助け起こしてた。

この作品のキーワード
サスペンス  再会  じれじれ  すれ違い