不意に起きる出来事に、人は反応して「反射」という行動を起こす。

それは、脳内に何らかの反応がある前に脊髄から無意識の指令が反応するというものだ。

僕らの習った知識の言葉で置き換えるならば「反射弓」という。ただしそれは躰が認識した危険を避ける為に起こるらしい。

つまり、人は認識してようやく動き出すのだ。


人はそれによってようやく「危険」について理解ができるのだ。

つまり、経験のない奴ほど理解がしがたい状況についていけない。


僕は先の大災害により何もかも失った。

家族。

家。

財産。

そして、失いながらも少年はひとつの夢を手に入れた。


「僕、友達になるよ」

目次