とある雨の日のことだった。




「明優、傘持ってきた?」


「ううん。持ってない」



天気予報は大はずれ。


さっきまで晴れていた空から、考えられないほどの雨が降り出して来た。



当然傘なんか持ってないし。



しょうがない、駅まで走るか!と思った時。



「明優傘ないなら一緒に駅までいれてってやるよ」



そんな優しい言葉と共にダークグレーの傘が差し出された。

この作品のキーワード
身代わり  偽り    痛み  愛してる  失恋  嫉妬  最低