家とは反対方向にしばらく歩き、気がつけば繁華街の方に来ていた。


近所とは違って人が多く、傘をさしたサラリーマンや学生、様々な人と行き違いその度にジロジロと見られる。



そりゃあそうだ。



こんな雨の中傘もささずに、髪も服もずぶ濡れの人が歩いていたら誰でも怪しく思うだろう。



出来ればこのまま消えたい…。




私がいなくっても誰か悲しんでくれるかな?




きっとみんな悲しまないな…。



みんな、きっとこう口を揃えて言うんだろうな…。




"由奈じゃなくて良かった"





そんな姿が目に浮かんだ。


この作品のキーワード
身代わり  偽り    痛み  愛してる  失恋  嫉妬  最低