「好きだ」


ストレートに言われた言葉は何度も私の頭の中でこだまする。



「明優がそう思うのも無理ないと思う…。確かに、最初は軽い気持ちだった…。由奈に振られた腹いせっていうかな…なんか、どうでもよくなってさ…」


更に彼は言葉を続ける。


「由奈のこと好きだったから…振られてからも結構の間引きずってた…。だから。由奈に対する気持ちを明優にぶつけた。でも、段々由奈のことが吹っ切れてきて…それは明優がいてくれたからだって気づいてからは、ずっと明優のことしか考えられなかった…」



これは彼の本音だと思う。



ずっと、お姉ちゃんが好きだった。でも、お姉ちゃんに振られてやりきれない気持ちの時に傍にいたのが私で、身体の関係を続けているうちに段々お姉ちゃんに対する気持ちも薄れて、私に興味をもってくれた。



でも、これじゃまるで身体が好きって言われてるみたいで悲しい。



ちゃんと中身を見てほしい。



私とお姉ちゃんは別なんだって、聖也だけにはわかってほしいよ…。




「それってつまり、身体が好きってことだよね…?」



自分でも驚くくらい冷静に話せているから驚いた。


この作品のキーワード
身代わり  偽り    痛み  愛してる  失恋  嫉妬  最低