聖也と気持ちが通じ合って、早くも2カ月の月日が経った。


あれから、聖也と色々な場所に出かけた。


遊園地、映画館、ショッピングモール、カラオケ……。


普通のカップルみたいだと言った私に、聖也は『俺らはカップルだろ』って言ってくれた。


でも……。


一つだけ。小さな事かもしれないけど、一つだけ私は気にかかっていることがある。


それは…。


あの告白以来、聖也は私に触れようとしなくなった。


抱きしめられることも、キスされることもない。


待ち合わせして、デートして、ご飯を食べて解散。


これがこの2か月私たちの行動パターンだった。






この作品のキーワード
身代わり  偽り    痛み  愛してる  失恋  嫉妬  最低