――――バフッ





下を見ながら歩いていた所為で彼が止まったことに気がつかなかった私は沖田さんの背中に頭をぶつけた。




「いたいんだけど」





少しお怒り口調で言う沖田さんにペコリと謝った。






申し訳ない。







この作品のキーワード
新撰組  トリップ  沖田総司  モテ王子  グダグダ  あやふや  恋愛  幕末  女剣士  歴史