雨の日じゃなくても一緒に帰りたい。

ずっと、彼の傍にいたい。

ためらいながらも、私は彼に歩み寄る。

この作品のキーワード
ツンデレ  無愛想  純愛  相合い傘  いじめ