答えは出さなかった。

好きとか嫌いもなく。約束も交わさず。

不確かな関係に酔いしれたい。それで十分だった。


終電の頃一緒に店を出た。



「もし撮られたらイメージダウンだよね?一緒に出るのやばいんじゃない?」
辺りをキョロキョロしながら無意識に俯いていた。


「俺があの湯川 旬に見える?」


見上げた先にはビルの上にそびえ立つ甘く微笑む湯川 旬が輝いていたが。
地上の川島 秋生と見比べてみる…繋がらない。


「フフフ…」


「笑わないでくれます?」
秋は子どものように頬を膨らませた。


「俺の現実逃避はちょんと計画されてることなんだ。
今俺のアリバイとしてマンションに影武者がいるから絶対追われない」


「影武者?」
意味がわからない…。


「今度表参道でロケがあるんだけど来る?そこで謎が解けると思うよ」
そう言って意味深に微笑むと軽くキスを交わし逆方向へ歩いて行った。



秋の背中を見送りながら輝く湯川 旬を見上げた。
やっぱ違う…と思った瞬間秋がカッコ悪くこけた。



この作品のキーワード
アイドル  OL  違う世界  漫画喫茶  秘密  素顔  スキャンダル  惹かれあう    すれ違う思い