ーーーー伊織のアシで来た本家は、相変わらずデカくて和風。



塀の終わりは見えない。


私はいつもコレに疑問を抱きながら塀をくぐる。



表札に、【藍城】の性が刻まれた組を。




「おかえりなさいやし、嬢」



『……おぅ』


車の中でウィッグとカラコンはとっておいた。




お帰りなさいやし、など色々言われながらその厳ついスーツ姿の奴等に返事を返す。



私は1人離れの屋敷に行き、クローゼットからスーツを取り出した。



それを着てそとに出ると、同じくスーツを着た伊織と柊が居た。




目配せで歩き出す。









ここで、馴れ合いは通じない。










この作品のキーワード
暴走族    美少女  イケメン  逆ハー  男子校  男装  過去     

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。