壊すことは簡単なのに

守ること、残すことは難しい

綺麗なものは壊されて、ただの便利と娯楽に使われる 


元にはきっと戻らない 

そんなこと分かっているのに

自然の叫びも無視して

どんどん勝手に進めていく人間たち


納得いかないから

命くらい大切なものを奪われたくないから

わたしは演じるの

平日の顔と昼の顔

そして、夜と休日は安らぎに浸る


「あなたを利用するわ」って

硬く閉ざされた種が

「あなたと分かち合いたい」って

柔らかい双葉をちらつかせる


成長した姿なんて誰にもわからない


生まれたときから、自然の中で暮らしてきた妖精のような女
×            
美しい悪魔のような大手企業の社長息子

離れてからも、ずっと想い続けてきた初恋の彼と、社長息子の彼の名前は同じ「大地」
これは、ただの偶然か?それとも・・?


~ポエム「極上の愛文」コラボ作品~
応援、投票よろしくお願いします!!
お時間がある方は、「極上の愛文」も覗いてくださいね。

この作品のキーワード
溺愛  秘書  美男子  独占欲  イケメン  再会    純愛  運命  甘ロマ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。