「――平尾?」

「はい……部長」



部長だった。



「今日はノー残業デーだろ」



私が残っていたことが不思議だったのか、そんなことをつぶやく。



「サビ残です。成果はあまり、ありませんけど……」

「そうか……お前にはいつも、つまらないところを見られてばかりだな」



彼はくすりと笑い、それからうっすらと潤んだ眼差しを足元に落としたまま、エレベーターの外に足を踏み出した。

そして棒のように突っ立った私の横を通り過ぎる。


もしかして、泣いていたんだろうか。

いい大人がフラれて――
もしかしてまだ、傷ついているんだろうか。



この作品のキーワード
オフィスラブ  上司  元カレ  元カノ  メガネ男子  片思い  ラブコメ  胸キュン  甘々  社内恋愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。