「どう?いいお相手だと思うんだけどな」



どうって言われても、今はお見合いなんてする気ないし……。



「伯母さん……私、まだ結婚なんて考えてないよ」



「堅苦しく考えないで、とにかく会って見るだけでも……お互いに気にいるって事もあるかもしれないし。ね?」



「………」



「姉さん、そのお見合い進めて下さい!」



「ちょっとお母さんっ、何で勝手に決めちゃってるの」



「どうせ彼氏もいないんでしょ。一度、お見合いというのも経験しておいたっていいんじゃないかしら?」


たしかに彼氏いない歴23年だし、男の人と付き合った経験ゼロだけどさ……。
私にだって、ささやかな夢がある。
結婚をするならお見合いなんかじゃなくて、ちゃんと恋愛をして好きになりたいし……そんな相手と結婚したいし。


だから、お見合いなんてお断り!!



……なんて思っていたのに、結局、断りきれずにお見合いする事になってしまった。




この作品のキーワード
偽り  お見合い  婚約者  復讐  bar  お酒  結婚