例えば、あのとき、彼女がいなかったのなら運命はなにか変わっていたのだろうか。

今は今しかない。

過去に捕らわれ、そのせいで前に進めないほど愚行な事はない。

何事も過去には戻れない。

それこそ青い猫型ロボットのポケットからタイムマシンを引きずり出さない限り。

タイムマシンは、この世にない。

それを知ってもなお抵抗し続ける自分は一体なんなのだろうか。


死んだものは戻らない。


もし、この世にタイムマシンがあったのなら。

自分は過去に行くだろう。


この作品のキーワード
純愛  タイムマシン  永遠