もち…恭哉さんとお食事をした翌日、

かおりちゃんからはよく頑張ったってメールをもらいとってもうれしい気持ち。


前に進むことを拒み続けていた私…

少しは変われるかもしれない。

私だってこのままじゃいけないって思うけど…

すこしずつ…前に。



それに、恭哉さんもこんな私とまた食事に行きたいと誘ってくれたし。

私の心の中のもやもやが早く晴れるといいんだけど…



そんなことを思いながら、仕事を続けていた。

この作品のキーワード
年上  弁護士    イケメン  俺様  OL  せつない  独占欲  過去 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。