さっきまでの虚しさは大輔と会話したことによって怒りに変わっている。

「ああっもう!」

憤りを隠せなくて有紗は小さく吐き出した。

悲しみが怒りに変わったのならいいことだと自分を褒めてやるが、やはり早くここから離れたくて仕方がない。とにかく少しでも時間を稼ごうとゆっくり歩きながらロータリーへと向かった。

あとは携帯でも触って自分の世界に入り込もうか。

でも迎えに来てくれる人がいるのにそんな態度では申し訳ないと自分を戒めて耐え抜く方向で決意を固める。

「私は大人、私は大人。」

自己暗示をかけるように呟くとすぐに見慣れた車がロータリーに入ってきたのが見えた。

驚くくらいの速さでやってきた大輔にそういえばここは大輔のマンションからは最寄りの駅だということを思い出して納得する。

有紗の目の前に停まった大輔は助手席の窓を下げて声をかけた。

「よう。」

「乗っていいの?」

「家まで送る。」

そう言われ遠慮しつつも有紗は助手席のドアを開けて車内に乗り込んだ。ここはロータリーだ、だらだらと長居していい場所ではない。

乗り込むなり急いでシートベルトをすると大輔も間をおかずに車を発進させた。

「ありがと。」

「いや…何があった?っていうか何だその恰好、合コンか?」

「そう。合コン。最悪のね。」

「最悪?」

「勘違い野郎にカモにされたのよ。私が地元出身だって言うだけで何を思ったのか高卒のコネ入社扱いされて…苦労知らずのバカ女だって決めつけられて笑いものにされた。」

「はあ?」