都心から電車で1時間ほどの郊外の、ほどほどの規模の駅。

 その駅前には昔からの商店街が東西に伸びていて、一等地にはやはりほどほどに大きなショッピングセンターが入っている。

 地元との競争はせず、足りないものを売りますのスタンスで、商店街とショッピングセンターは上手に共存していた。ちょっと珍しいよね、ここに住んで4年目の私はそう思う。

 こじんまりしていて、下町情緒がまだちょっとは残っているこの町が、私は好きだった。

 大学入学と同時に始めた一人暮らしで、この町にやってきたのは4年前。今は大学4回生で、学校には既に週に1回、水曜日の2限目のゼミに通うだけでいいのだ。

 私は深呼吸を一つして、目の前の古いドアを見詰める。

 東西に伸びた商店街の東の端、ちょっと引っ込んだ薄暗い路地。その突き当たりにある小さな居酒屋の前。

 さて、どうなるかな。ここでも断られたら、もう諦めたほうがいいのかも――――――

「よし」

 声を出して、腕時計で時間を確認する。約束の時間、5分前。いくぞ。

 ガラガラガラ。

 音を立てて横にドアをスライドさせ、薄暗い店内に顔を突っ込む。

 ざっと見まわしたところ、誰一人として見当たらない。

 ・・・あれ?おかしいな。今日、この時刻だったよね?