陽輝side





「よかったね。受け入れてもらえて。」





彼女が帰った後、翼龍倉庫の幹部室に集まった俺ら。





彼女が姫になる事に反対者はおらず、無事に自己紹介を終える事ができた。





「陽輝、昼、何があった。」





受け入れてもらえたにもかかわらず、怖い顔をして聞いてくるのは龍河。





姫羅ちゃんが遅れて来たのを気にしているらしい。





「あ~佐野さんに絡まれてた」





教室を出た後、場所を変えるのかと思えば、そのまま教室で話し始める彼女たち。





聞きたくなくても、あんなに大声で話されると聞こえてしまうもので、ほとんどの会話を聞いてしまった。





「チッ...佐野か。」





常に自己中心的考えを持つ佐野グループのお嬢様。




この作品のキーワード
暴走族    未来  組長  跡取り  ブルー16