「どう……して……?」

あたしは、目を少し逸らして訊き返した。

「そないに泣きはらした顔で、どうしても何もあるかい」

そう言うと、英嗣の細っこいくせに筋肉のしっかりした腕が、あたしの頭を抱え込むようにして胸へと引き寄せた。

「なにがあったん?」

胸に抱きしめたままそう言われただけで、ここへ来てから堪えていた涙が溢れ出して止まらなくなった。
伝わる温もりに安堵し、気持ちがどんどん緩んでいく。
英嗣のシャツを濡らし、漏れ出る嗚咽を我慢する事もできなくなっていった。

「英嗣……、えいじ……」

嗚咽の合間に、幾度も名前を呼び続けた。
そんなあたしの背中を、英嗣はトントンと優しく手を添えてくれる。

大丈夫やから、と何度もその言葉を口にする。

心強くて、気持ちが安心していった。

英司のぬくもりに、何も考えずにずっとこうしていたい。と現実に背を向けそうになる。