あたし、一ノ瀬遊季(いちのせゆうき)。一ノ瀬家のお嬢様なの。

一ノ瀬は代々のお金持ちで、あたしと双子の妹の春季(はるき)ちゃんは身体が弱くてなかなか学校にもいけない日々。


あたしには幼なじみの許婚、結城日向(ゆうきひなた)くん、通称ひなが一緒に暮らしていて、あたしと執事ごっこしてくれてる。


あたしよりも可愛い、あたしだけの執事くん。


「遊さん……お代わりはいかがですか?」


「もうお腹いっぱいだよぅ」


「またピーマンを残されて」


ひなが苦笑する。過保護なあたしだけの執事くん。大好きなあたしだけの……。


ところが、そんなあたし達の生活に、ひなの腹違いの弟の留衣くんが入って来たから、もう大変!


「日向兄さんは、僕のモノですよ」


なんて、抱きつかないでよっ!

この作品のキーワード
執事  お嬢様  双子  許婚  敬語  幼なじみ  美少女  美少年  初恋  クローバー 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。