ここは海辺の近くにある華賓学園。

冬になる季節の海はもの寂しく感じる。

吹き抜けていく潮風が恋人達を誘い、海というだけで二人の距離を縮めるんだ。

小さいガキんちょの頃から浜辺で遊んでたから もはや俺たちには庭だ。

俺は、伊佐木 脩 (しゅう)

何もない平和な毎日に、突然妙な奴が舞い込んできた。

クラスには必ずいる存在感のない奴。
そして、嫌な事があると無理難題を言われては拒否出来ないでいる奴。

あの子の名前はなんだっけ?

名前も思い出せないほど影の薄い奴なんだ。

「 祐未、あそこの女の名前なんだ?」

「 あ~ ブサコ。」

ブサコ?って名前じゃねぇし。

祐未はクラスの中で一番顔が可愛い、半面、性格が悪い。
そして、幼稚園からの縁である意味親友みたいものだ。
女の親友。もちろん、仲のいい親友もちゃんといる。

各務 臣 (じん)、コイツも幼稚園から一緒で、不思議な事に臣と祐未が付き合っている。

祐未はクラスからの信頼が厚く、可愛いってだけで周りがついてくるんだ。

男勝りなとこもある祐未を、臣は可愛いという。しかも顔は別にとも言う。

いったい何がいいのか俺にはサッパリわからない。

ある日どうでもいい事件が起きた。

図書室。

日直だった俺とブサコが先生に頼まれて、放課後 本の整理に来ていた。

なんで俺が日直の時に頼むんだよ!
めんどいっつうの!
しかも、ブサコ?喋らねぇし…

「 伊佐木くん、私やるから帰っていいよ… 」

この作品のキーワード
しっとり  ゆっくり  甘め  恋心 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。