「あずさ、飲みにでもいく?」

今日は金曜日。一昔前なら花金(花の金曜日)。

「そうしたいところなんだけどね、社に戻って報告しなきゃならないのよ。またゆっくり飲もうよ」

「そっか。大変だね。じゃ、大人しく帰るね」

「うん。気をつけて~」

理子はイスの背に置いておいたバッグを持つと、アシスタントスタッフの女性に会釈して部屋を出た。

店を出てエレベーターを呼ぶ。

乗り込んでドアが閉まろうとしたとき、誰かがひとり乗り込んできた。

理子ははじによって俯き、誰が入って来たのか気にも留めなかった。

そこへ……。

「なぜ君みたいな人が婚活パーティーに参加したのでしょう」

エレベーターに乗っているのはふたりだけ。

その言葉は理子に向かって発せられたものらしい。

顔を上げると、悠也だった。

「それは私も同じ質問をしたいくらいです。そのルックスからしておモテになるはずなのに」

「理子さんは俺の名を書いてくれたんですね?」

含み笑いをする悠也の視線が理子の胸元に向けられた。

「取らないんですか?」

「あ!」

理子はまだネームプレートをかけたままだった。