この春、高校教師になったばかりの


斉藤小春(さいとうこはる)の前に現れたのは



学年一の問題児


八神隼人(やがみはやと)だった。




『これ以上オレに近づくと
センセー傷つくよ?』




「いいわよ、傷つけても…」




私は先生で


あなたは生徒だから。




最初は一人の生徒として助けたい。



ただそう思っていただけなのに。





※2年間放置してしまってましたが、また再開させていただくことにしました。
長い間、沢山の方が読者登録を外さないでいてくださって、驚きです。
そしてお待たせしてしまって申し訳ありませんでした。
またよろしくお願い致します♡

この作品のキーワード
禁断  美男子  イケメン  先生  年の差  年下  女教師