「う~~ん……」


ある日の夜、キキも下がらせた後。離宮に割り当てられた部屋のテーブルで、あたしはとあるものを前に、腕を組みながら考えてた。




考えて……




考え……





…………。




……気がついたらそのままグースカ寝て、朝を迎えてましたよ。










「ユズったら、何をそんなに悩んでるの? 昨日からずっとじゃない」


今日も今日とてお作法の勉強から逃げて厨房にいるあたしに、キキが呆れた顔を向けてきた。


そりゃあ、腕を組みながら般若みたいな顔をしてジッと動かなきゃ怖いわな。


たまたま遊びにきた料理長の3つになる娘さんが、“お化け怖い”と30分間大泣きするくらいには。


…………。


た、たぶん気のせいだよ、うん。娘さんはたまたま違う怖いモノでも見たのでせう。


彼女がトラウマにならないようこっそり祈りつつ、あたしはため息を着いてキキに相談する事にした。やっぱり若い女の子の意見を聞いた方がいいからね。


「悩んでるほどってほどでもないんだけど。あのね、あたしのいたニホンじゃあ、この時期にあるものを異性に贈る習慣があるの。それは日頃の感謝を込めたり友情を込めたり……いろんな意味があるんだけど。
一番のメインが……その……」


あたしが言いよどんでいると、キキは話の流れでピンときたらしい。


「要するに、愛情表現が一番ってことね」


彼女に指摘されてしぶしぶ頷いたけれど、頬があり得ない位に熱くなった。

この作品のキーワード
恋愛  異世界  ファンタジー  空気  王子  王子様   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。