「うう……う」


痛い……

いたい……


イタイ。


おかしい……


ずっと前に痛みは消えたはずなのに。


どうして……胸の傷が痛むの!?


やめて……!


思い出してしまう。


せっかく閉じ込められた、暗く湿った。じくじくした嫌な感覚を。




「……あれ?」


ぱっちり、と目が覚めた。


それこそ何かのスイッチが入ったみたいに。見事にスッキリと。


小学生以来寝覚めの悪さに悩んでいて、わざわざ鈴華に毎朝起こしに来てもらってたんだし。

たぶん9年ぶりくらいだ。こんなに気持ちよく起きれたのは。


もそもそと布団の中で起きる準備をしたあたしは、いつもより上質な手触りに気付く。


……おや? 母さんはあたしの布団を新調したのかな。ずいぶんとふっわふわで、暖かいですが……


「……って、ええええっ!?」


布団から顔を出して、直ぐに叫んだ。


見知らぬ部屋の、天蓋つきのキングサイズのベッドに、いつの間にか寝てたんだから!!


この作品のキーワード
恋愛  異世界  ファンタジー  空気  王子  王子様   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。