「うわぁ! すごい。すっごく賑やかだ~」


フードを被ったあたしは、ほんの少しだけそれをずらしてみたけど。


大きな手で、元通りどころかもっと深く被らされた。


「ちょっと、前が見えないんだけど!」

『あなたが自覚されてないからですよ』


硬い声で、お付きの護衛が仰いました。


「別に……あたしみたいな地味で平凡な女、いくらでも替えはあると思うけど」


ブツブツ不満を呟こうが、護衛は淡々としたものだった。


『そうでないから、あの方も困っているのですよ』


あの方……まず間違いなくティオンの事だろうな。

あたしは目の前にいるライベルトを見上げ、その仏頂面を崩してみたくなる。


「ライベルトは、あたしがいなくなったら寂しい?」


『個人的な問いには、ご回答出来かねます』


素っ気ない。


そもそも、ライベルトはキキと同じく気安く話せる相手だったのな。

ちょっぴり残念だけど、外出を禁止されているのに、わざわざ護衛を引き受けてくれたんだもんね。


この作品のキーワード
恋愛  異世界  ファンタジー  空気  王子  王子様   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。