女の子がドキドキする一大イベント『バレンタイン』
それはどこの世界でも同じこと!?

もっとも、彼女にとってはドキドキよりも別の意味が待ち受けていそうな予感……


『白と黒の神話』の後日談風味になっています。
なお、作中に出てくる『灰の月』は2月のことです。
本編とは雰囲気が違うと思いますが、お楽しみいただけますように



この作品のキーワード
バレンタイン