「不機嫌主任の溺愛宣言」桃城 猫緒/著  感想ノート

  • めちゃくちゃ楽しく読ませていただきましたー^_^
    記憶に残る作品になりました。
    同棲した後から結婚迄も続きを読みたいです。

    3年ぶり   2021/04/23 19:40

    3年ぶり様

    ご感想ありがとうございます、楽しんでいただけて嬉しいです!
    自分でも異色な作品だと思っておりますが笑、3年ぶりさんの印象に残ったのなら幸いです!
    同棲後、ふたりはどうなるんでしょうね…?結婚となると相手の親御さんにご挨拶とかでひと悶着ありそうな。その後を想像するのも楽しいですね^^

    作者からの返信 2021/05/15 12:37

  • めっちゃ楽しかったです!こっぱずかしい忠臣さん、読んでるこっちも気恥ずかしい、でも、とっても力強くてぶれなくて、可愛くて、確かにヒロインでした。縦皺が抜けないところも素敵。ヒーローもといヒロインの一華さんの剛毅さだからこそ受け止められるというか、彼女の壺に入ってお似合いというか、過剰にならないというか。なかなか爽快で、また読み返したい一冊になりました。

    雪わり草   2020/08/15 21:46

    雪わり草様

    ご感想どうもありがとうございます!
    お返事が遅くなってしまってすみません!><

    当作品を楽しんでいただけて、とても嬉しいです。
    初めての恋に全力疾走の忠臣はまさしく恋愛小説のヒロイン♡ですよね笑!
    そして可憐な容姿の中に益荒男を秘めた一華はヒーローで間違いない(* ´艸`)
    執筆当時はそう意識して書いたわけではなかったのですが、気が付くとしっくりお似合いのふたりになっていました。

    楽しくお読みくださり、どうもありがとうございました!
    またクスッとしたくなったときには、是非読み返してください^^

    作者からの返信 2020/09/08 09:31

  • 真っ直ぐな気持ちが、不器用にうつるって不思議ですね(о´∀`о)
    今までにいないタイプの溺愛に、一気読みでした!
    楽しいお話ありがとうございました。

    あつもも   2019/11/19 03:53

    あつもも様

    こちらの作品もお読みくださってありがとうございます!

    不器用に見えるのは、まっすぐなのに剛速球すぎて、受けとめる方はなにがなんだか分からないって感じかもしれませんね笑
    本当は王道を書くつもりだったんですが、気がついたらヒーロー視点よりのコントみたいな物語になっていました(;´∀`)

    楽しんでいただけて嬉しいです、
    こちらこそご感想どうもありがとうございました!

    作者からの返信 2019/11/23 03:16

  • レビューお礼
    さぷりん88さま

    レビューどうもありがとうございます、
    めちゃくちゃ面白いとまで言っていただけてとっても嬉しいです!

    まっすぐで飾り気のないヒーローは書いていても楽しいです^^
    真剣に愛を紡ぐ彼も、まっすぐすぎるがゆえにコミカルになってしまう彼も、どちらの忠臣もお楽しみいただけて幸いです!

    嬉しいレビューをどうもありがとうございました!


    桃城 猫緒   2019/09/25 16:20

  • 桃城さま

    無愛想な人間のウブで不器用なところがなんとも言えなく可愛いですね。優しく見守りたくなるようなお二人です。作中の表現もユーモアがあって三人称視点で作品にのめり込めるところが最高です!
    桃城さまの言葉選びが大変好みです。素敵な作品をありがとうございます。幸せな気持ちになりました。

    浦和の焼肉屋さんが実在するのならきになりますね。

    シルド   2019/06/11 13:31

    シルド様

    ご感想どうもありがとうございます!
    当作品を楽しんでいただけてとても嬉しいです^^

    有能なイケメンが恋にモダモダするさまがとても好きなので、そこを可愛いと言っていただけると思わずニヤリとしてしまいます。
    言葉選びが好みとまで言っていただけて、照れるけれどすごく嬉しく思います!自分では楽しんでノリノリで書くのですが、後で読み返して読者さんを置いてきぼりにしていないかいつもヒヤヒヤしているので^^;

    こちらこそ、当作品を読んで幸せな気持ちになってくださってありがとうございました!
    温かいコメント、とても励みになりました^^

    ちなみに浦和の焼肉屋さんはフィクションです笑

    作者からの返信 2019/06/12 08:52

>>全て見る