「確信犯」杜若菖蒲/著  感想ノート

♚余白が多い為、文字数・ページ数は表示の約半分ほどになります♔
♔宣伝等却下されました…♚
番外編完にて、目標ページ数達成

  • >砂川雨路 様

    す、す、スミマセン!
    砂川さまに、こんなに素敵なレビューまで頂けていたとは!
    有り難すぎて、ビックリです(*。*)

    バタバタしていて、お礼が遅くなりました。申し訳ありませんm(_ _)m⤵

    いつも温かく接してくださり、感謝の念に絶えません。

    砂川さまのご活躍、心よりお祈りしております♥

    杜若菖蒲   2014/11/17 01:55

  • >氷川真紗兎 様

    沢山のお時間をくださって、心から…ありがとうございます。

    モニターの如くお付き合いさせてしまい、申し訳なく思っていました。
    本当に読んで頂けて、感謝です。

    お楽しみ頂けたとしたならば、少しでもご厚意に報いれるのですが…⤵
    何か、心のインスパイアに繋がって下されば、本望です。

    氷川様からの、それこそ真摯なご感想が、胸に染み渡りました。
    コメント読ませて頂いて、気持ちが詰まったほどです。

    皆、怖いと思うんです。
    だから作中の彼には最初、“怖い”と感じている部分を抱かせました。

    ずっと強気で、パーフェクトでいられる環境なんて、無いと思います。

    信じる事や貫くきっかけは、それぞれが乗り越え手に入れるものかな?
    なーんて、個人的には思ってます。

    分かる・伝わる人には、伝わる筈。
    そう願いたいし、その為にする葛藤であって欲しいと思っています。

    ……何の話?(笑)
    宣伝等却下の件は、一体どこのページで引っ掛かっているか、もうさっぱり分かりません(爆)全体だな~

    誠に、有り難うごさいました!
    あんまりお邪魔してもウザッタイかと思いつつ…またお伺いさせて下さいね。壁|ω・`)チラッ

    株とか保険の話まで出して、分かりにくかったらご免なさい。(今更 笑)

    杜若菖蒲   2014/11/03 00:25

  • お久しぶりです。
    読ませていただきました。

    “インモラルな物語”とうかがっていましたが、なるほど。
    エンターテインメントを求められるこのサイトでは、タブーなのでしょうね。
    純文学系の雑誌であれば、世間の倫理に問いかける作品こそ面白がられると思いますが。

    制約と禁忌ゆえに、目に見えないココロやキモチのすべてが克明に炙り出された物語だ、と感じました。
    美しい、と思いました。
    透きとおっている、と。
    因縁や情念が複雑に絡み合っている、それは事実でも。
    ひとりひとりの想いは、痛々しいほどまっすぐだから。

    この物語を執筆された杜若さんの勇気に敬服します。
    勇気というか、覚悟? 度胸? 真摯?
    恋情も血縁も引っくるめて、僕は“愛”と向き合うのが怖いです。
    自分を切り刻む作業で精いっぱいで、その向こうにあるはずの“愛”にはたどり着けずにいます。

    そういえば、宣伝等却下ですが、僕も1回、食らいましたよ(^^;
    同じページに「睡眠薬、ワイン」を入れたためと判断し、表現を変えたら、宣伝等復活しました。
    余談でした。

    気迫のこもった、読み応えのある作品を、ありがとうございました!
    長々と失礼しました。

    氷川マサト   2014/11/02 22:08

  • >砂川雨路 様

    お久しぶりですm(_ _)mコメントまで下さって、有り難うございます❗コメントのお名前を、三度ほど見直しました(汗)

    …完全に私が書きたかっただけの、万人受けしない世界なんかを読んで頂けていたとは…す、すみません⤵

    全員の倫理観が多少故障していても、全員貫いた幸せ感?を持ったものが欲しくて…
    ドイツやイギリスの実例を交えて書くだけ書き、1人満足して、放置してしまってました(*ノω・*)

    やはりここでも、宣伝等引っ掛かっちゃう世界なんでしょうかね…そこは少し、寂しかったりしました(笑)

    砂川様のコメントはお宝❗お忙しい中、お目汚しでしたでしょうに…温かいお心遣いを本当に有り難うございました(ノ_・。)

    インモラル万歳❗←爆

    杜若菖蒲   2014/10/26 05:18

  • ようやく読了いたしました。

    素晴らしい。その一言に尽きます。

    サイトの特性上『宣伝等の却下』があったことと思われますが、
    けしてインモラルな話ではないと感じました。

    というか、その辺は置いといて、この内容で昼ドラ的にしなかった杜若さんの力量に脱帽です。
    言葉遊びのような会話の裏に流れる真意、悪意、憎悪、愛。
    久しぶりに「読みたいものを読めた」といった気分です。

    素晴らしい!
    後半は自分の更新を放り出して全力で読みました。
    ありがとうございました。

    砂川雨路   2014/10/26 00:33

>>全て見る