「勝手に百人一首」汐見 夏衛/著  感想ノート

あの小倉百人一首の名歌たちを、勝手な解釈で短編小説にしてみました。かなり恐ろしい試みですが、一言でもご意見いただけると幸いです。

  • ♪ふくぷくFFさま♪

    読んでいただきありがとうございます。
    もっと読みたかったなんて勿体ないお言葉……すごく嬉しいです。
    他の作品の執筆を始めてしまったので、いったん完結させましたが、パート2的なものをそのうち書きたいなと思っていますので、温かく見守っていただけると幸いです。ありがとうございました。

    汐見 夏衛   2015/07/04 15:42

  • とてもおもしろかったです!!!
    百人一首が大好きなので...
    素敵な物語ばかりでした♪♪
    もっと読みたかったです(T_T)
    ありがとうございました♡

    ふくぷくFF   2015/07/04 10:05

  • ♪あやや♡さま♪

    はじめまして。読んでくださって嬉しいです。ご感想ありがとうございます!
    ほんと、昔の恋歌っていいですよね。わかるわかる!と共感できたり、読んだだけで切なくなったり。たったの31文字なのに凄すぎです。

    他の歌でもお話を作ってみようと思ってますので、そのうち第二弾をやると思います。よろしかったらまた覗いてみてください♪ありがとうございました。

    汐見 夏衛   2015/06/28 01:53

  • はじめまして!!

    昔の恋の和歌とか好きで…
    えっ!?百人一首だとっ!?と、興味本位できてみたら…

    素敵なお話ばっかり!!!

    とってもよかったです。
    もっとかいてほしいなぁと思いました!!!

    Rin.K   2015/06/27 23:40

  • ♪Marryさま♪

    コメントありがとうございます!
    百人一首って本当に素敵ですよね。何度読み返しても飽きないです。

    この短編集を書くにあたっては、百人一首とにらめっこをして、特に自分の好きな歌の中で小説になりそうなものはないかなーと探し、「これならこういう話が書けそう!」と閃いたものを小説にしてみました。

    リクエストをしていただけるとは光栄です!「ちはやぶる神代〜」は私も大好きです。イメージを膨らませて、チャレンジしてみますね。
    ありがとうございました♪

    汐見 夏衛   2015/06/22 07:35

>>全て見る