感想ノート

戦時中の日本にタイムスリップした現代の少女と、特攻隊として死ぬことを決意した兵士。出会っても惹かれてはいけない二人の恋。

  • 初めまして、突然の感想失礼します。
    この小説を読み、生きる喜びと強い信念をとても感じました。
    どれだけ、生きることが大切か、どれだけ、生きることが誇りかを知りました。
    彰の日本を守るという固い信念と戦争がどれだけ辛いかを知った百合の2人の気持ちもとってもよかったです。
    とても感動しました。
    彰と百合は違う時代に生まれ彰はもうこの世にはいないけど互いに分かち合い、忘れずに堂々といてほしいし、生きたこと、生まれてきたことを生まれてきたことを感謝しこれからも生きてほしいです。
    汐見夏衛様、素敵な小説を書いてくださり本当にありがとうございました。

    みお   2022/05/01 11:20

  • 初めまして。突然の感想、失礼します。
    私は中学ニ年の頃『夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく』を読みました。そこで汐見夏衛さんを知りました。本当に面白く、想像力がとてもすごい人なんだと思いました。それから汐見夏衛さんの本が大好きになり、この本を探し出しました。すると、すごく感動する話で思わず声が出るほどでした。何度も何度も読み直し同じところで泣きました。どうしたらこんなに面白い本が書けるのか不思議でたまりません。汐見夏衛さんは私の生きる世界をとても華やかに変えてくれる存在です。汐見夏衛さんの本に出会えて本当に良かったです!本当に汐見夏衛の本が大好きです。これからもずっとずっと応援しています!

    めぐみ   2022/04/14 19:10

  • 初めまして。突然の感想を失礼します。

    初めて、二次創作以外の小説を読みました。
    読み終わった後の感想はただただ切なく、それでいて優しい愛の物語だなと、涙無しには読めない素敵なお話でした。
    現代は戦争があった時代と比べ、何もかもが恵まれている時代でありながら、悲しい事ですが、人は感謝の気持ちが薄れてしまい、全てがあって当たり前と思ってしまう時代だなと私は感じていました。
    そんな中、こうして戦争について触れたお話を読むことが出来て、改めて今自分が生きている時代がどれだけ恵まれているのかを見直すことができ、出会えて良かったなと思いました。

    当作品で一番印象に残ったのは百合に向けた彰の手紙のシーンです。
    読んでいる中、彰がよく口にしていた「妹のようだ」は、ずっと彰自身が自分にそう言い聞かせているのではないかと思っていたので、最後に手紙を読むシーンで百合に向けての沢山の愛が綴られているのを見て、やっぱり妹なんて思ってないよね、百合の事本当に愛していたんだなあ。と泣きながら読みました。笑
    こんなに素敵な純愛な物語に私は出会った事がありません。
    本当にこの作品に出会えて良かったです。
    素敵なお話を書いて下さり、ありがとうございました。

    日本酒   2022/01/04 02:13

  • あの花が咲く丘で君とまた出会えたらを読ませていただきました。凄く感動して涙が止まりませんでした、彰くんの固い意思と日本を守りたい意思に圧倒されました。何よりもどれだけ彰くんと百合ちゃんか互いに愛し合っていたのかが伝わりました。私は今14歳てで少し不満を抱えていました、あまり友達ができずどんどんみんなに置いてかれて自分は不幸だと思っていました。ですがこの本を読んで自分がただ甘えていると築きました、ご飯も食べれるし、暖かいお風呂にも入れるし、家族と一緒に居られて、毎日変わらない日常を送れる、これがどれほど幸せな事が気づくことが出来ました。この小説は私が一番好きで私を変えてくれました。素敵な小説ありがとうございます。

    Suzuka2244   2021/11/24 17:29

  • 友達にオススメされたのがきっかけで、私はこの作品に出会いました。 大まかなストーリー説明を見ただけで「あ、これは面白いやつだ。」とは思ったのですが、想像以上に素晴らしい作品でした。2日かけて1作目を、1日で続編を読んでしまう程にのめり込んでしまいました。
    主人公の百合の考えることや気持ちは、とても共感できるものばかりでした。私が14歳だからということもあるかもしれませんが、同年代視点で読むことで、より一層感情移入してしまいました。百合は本当に強い子です。何の前触れもなく過去に飛ばされ、そこで人に支えられながらとはいえ生きていくのですから。私には無理だな、と思ってしまいます。また、思ったことが言えるというのも凄いと思います。思っても口に出せないタイプの私からしたら、戦争はいけないこと、特攻なんて間違っている、と訴えかけた百合は、勇敢な少女だと思いました。
    この作品を読んで、改めて戦争の恐ろしさ・愚かさを思い知ることができました。元々、戦争にはとても興味があり特攻隊のことも知っていたのですが、この作品によって少し見方が変わりました。特攻隊員にも、勿論大切な人がいて、その人達を護るために、己の命を捨てて突撃する。その逆で、特攻隊員のことを大切に思う人もいるのですから、その人達にとってはお国のためだと思っても、それは受け入れがたいことなのではないでしょうか。口では「おめでとう」と言っていても、その裏ではどう思っているのかなんて分かりません。百合の気持ち、彰の気持ち等を考えると、涙腺が緩んでしまいます。続編の方でハッピーエンド(彰にとってどうかは分かりませんが、少なくともバッドではなかったと思います)になってくれて、ほんっとうに良かったです。
    この作品は私の心に強く響きました。百合や彰、その他の方々がまるで私の中で生きているかのようでした。
    最高の作品を、どうもありがとうございました!

    小桜   2021/10/20 22:25

感想ノートに書き込むためには
会員登録及びログインが必要です。

pagetop