「蕾の妖精たち」ペンコ/著  感想ノート

恋愛というジャンルは邪道なんだ。なぜなら、ボクは純愛が書きたかったのだから。

  • 少し手直ししました。
    読む度にアラを見付けてしまいます。

    切りがないと言えば、そうなりますが、突き動かすものは、恥、という一言に尽きます。

    退散

    ペンコ   2011/07/04 07:27

  • 分岐点の冒頭です。
    推敲、足りませんでした。

    修正しつつ、退散

    ペンコ   2010/06/26 08:25

  • 下書きに入れていたページを、挿入してみました。

    宣伝ボタンが出現しましたので、ぽちっ、と押しておきます。

    ペンコ   2010/06/25 01:03

  • 兎心さん

    お読み頂き、ありがとうございます。時間を置いて読み返す度に、気に入らないところが目に映り、なくなりません。
    なかなか撲滅に至りませんが、ご指摘を頂いた部分は、どんどん手直していきたいと思います。

    拙い作品にお立ち寄り頂き、ありがとうございました。

    ペンコ   2010/03/08 07:37

  • 推敲されるようなので、少しだけ。

    流石に文章を書くのに慣れてらっしゃる様子で、情景の表現はくどすぎず素晴らしい物を持たれておられますね。

    それだけにご自身であとがきに書かれている細部のアラ《舞子とのわだかまり解消や、死体発見が遅れた要因》のリアリティの欠如が、変に目立ってしまっているように感じます。

    本作品を箱書きとして、細部を詰めた長編にされると良いかもしれませんね。

    それではまた折りを見て寄らせてもらいますね。

    兎心

    兎心   2010/03/06 22:46

>>全て見る