編集部からのお知らせ

「坂道では自転車を降りて」明石海星/著  感想ノート

気付いた事 感想 要望 何でもよいです。
書いていただけたら、喜んでお返事致します。

  • 木崎さん
     早速読んで、感想まで!ありがとうございます。
     確かに!携帯小説はまさに好きなことを好きなように書くための場でしたね。

     初めての執筆は、本当にいろんな経験をしました。誰かが読んでくれていると知った時の気持ち、感想を戴いた時の気持ち。公開制限されちゃった時の気持ち。大笑!
    (この作品はNG設定になってしまってて、宣伝欄とか目立つところには掲載されないんです。笑。でも、強制非公開にされなかっただけ幸運でした。)
     読者さんを意識して書いていた時期もありますし、読者さんがいなかったら、多分完結していなかったでしょう。(これを完結と言って良いのか、微妙ですが。)
     でも木崎さんの感想で初心に返りました。これからも、好きなことを好きなように、好きなペースで書きたいと思います。

     オフィスラブですか。
     私は木崎さんのようなストーリーテラーになるつもりは全くないので、結局、自分のことしか書けないし、書かないと思います。私、微妙に特殊な職場だったので、どうだろう?
     案外、お題を戴くと燃えるタイプだったりして。笑。

    明石海星   2016/03/18 23:28

  • ひとまず、完結おめでとうございます。
    私も書いていて時々思うのですが、好きなことを好きなように書けるのが携帯小説の良さかなと思います。
    思春期ならではの危なっかしさに、ドキドキしました。
    また、ぜひ書いてくださいね~
    今度はオフィスラブとかも期待してます!

    木崎湖子   2016/03/17 18:19