「あの頃、きみと陽だまりで」夏雪なつめ/著  感想ノート

  • 初めて読まして頂きました。
    新太の優しさが伝わってきて、とても心が温まりました。渚が新太に会えたのは実はお父さんのおかげだったことに驚きました!
    これからも頑張ってください

    ハル秋   2018/10/13 21:22

  • 初めまして、読ませていただきました。
    りえっこと申します。

    例え方や言い回し、言葉の使い方が上手いなぁと思いました。
    主人公の心情の変化もわかりやすく、飾らず、自然、それが非現実的要素を含んでいても、違和感なく読める要因なのだと感じました。
    誰しも一度は、悩み、立ち止まり、後戻りすることがあるーーーでもそれでもいいと、その後で少しずつでも進んでいけるなら、それもまた必要なことだと教えてくれる、そんな素敵な物語だと感じました。

    りえっこ   2017/09/17 14:44

  • 本で読ませ頂きました。
    思春期の複雑で難しい気持ちがとても上手に書かれているなと思いました。
    私は今はもう学生ではありませんが、中高生の頃はこんな感じだったな〜。と読みながら思いました。
    家族のことや学校のこと、なぎさちゃんにとても共感しました。
    新さんのたくさんの優しい言葉に私も救われました。
    「7日間」短いけれどなぎさちゃんにとて、とても大切で幸せな7日間だったんだと思います。
    穏やかにゆっくりと過ごす中で色々なことを考え、色々なことに気付いて行く…。
    そんな中で、新さんが教えてくれたたくさんの大切なこと。
    新さんがなぎさちゃんに教えてあげていた「生きる意味」
    私もずっとわからなかった。ずっと探していた。
    私もなぎさちゃんのように何度も生きることをやめようとしました。
    だけど、本を読んでわかりました。私も新さんに教えてもらった気がします。
    とっても優しいステキなお話でした♡
    この本に出逢えてよかったです。

    高崎美桜   2017/03/22 17:35

  • ≫小鳥サラさま

    はじめまして、感想ありがとうございます!

    この度は最後までお付き合いくださり、ありがとうございました(^_^)
    ふたりの7日間に、なにか少しでも感じていただけるものがあれば嬉しいです。

    孤独や寂しさを知っている人は、その分優しくなれるのだと信じています。
    だからこそ新太はなぎさに優しく向き合えて、なぎさはそれを他の誰かにつないでいけるのだと。思います。

    出会えてよかった、なんてもったいないくらいのお言葉ありがとうございます!
    これからもぜひ、よろしくお願いします。

    ありがとうございました!

    夏雪なつめ   2017/02/15 15:56

  • はじめまして。
    今回、初めて夏雪なつめさんの小説を読まさせてもらいました。
    すごく感動しました…
    なぎさちゃんは新太くんに会えてなかったら心を閉ざしていたままでしたね…でも新太くんに会ったからこそ、前向きに慣れたなぎさちゃんは本当によかったです!
    また、なぎさちゃん、新太くんの過去は切なく似ていて儚げでした。
    そこからずっと涙が止まらずでした…
    こんな素敵な作品に出会えてよかったです。

    感動をありがとうございました!
    これから先も小説を書き続けてください。
    楽しみにしています!

    小鳥サラ   2017/02/11 07:50

>>全て見る