「こうして僕は、君に泳がされている」木崎湖子/著  感想ノート

  • 明石海星さま

    明石さーん、お久しぶりですm(_ _)m
    読んでいただけて嬉しいです。そして、感想まで!ありがとうございます。
    オトコノコ目線、気に入っていただけたようで何よりです。
    数ページの短編だと、ついアレはこういうことなんだよーと説明したくなってしまって困ります。
    本当は読者の方にあれやこれや想像してもらうのがいいのだと思うのですが……
    なかなか精進が足りませんな。
    お忙しいとのことですが、お体気を付けてくださいね~。
    また、そのうち短編、挑戦しますね~

    木崎湖子   2016/09/12 14:13

  •  あ、また短編が。最近ちょこっと忙しくて、読む暇がなくて、短編が嬉しいです。
     「こうして僕は」のほうが、断然好みですね。やせ我慢して、ほんの少しの彼女の言葉で、また頑張れてしまうオトコノコって、妙にセクシーです。実際にいたら、単なるおバカなのかもしれませんが。
     ツンデレ彼女はどうしてそんなにツンツンしてるのか、彼女目線で読むと、切ないといえば切ないけど、男性の方に感情移入しすぎたからか、あまり知りたくなかったような気がしないでもない。

    明石海星   2016/09/12 10:01