「寵愛婚―華麗なる王太子殿下は今日も新妻への独占欲が隠せない」惣領莉沙/著  感想ノート

感想をいただければ励みになります。
よろしくお願いします。

  • ドキドキ、はらはら、じれったい、イライラなことも多かったんですが、それでも、、結局は愛にあふれているなぁと感じました。最後は涙しました。純愛に感動。。お疲れ様でした。

    ☆ばんび★   2017/05/18 21:01

    ☆ばんび★ 様

    こんにちは。

    ありがたいお言葉ありがとうございました。

    じれじれが続きまして、すみません。
    私も書きながらもどかしかったです。
    それでも、作中の4人の想いは報われなければ!と思い、どうにか完結させることができました。

    今は書いてよかったなあとホッとしております。

    今後も、ゆっくりですが活動を続けていきますので、気にかけていただけると嬉しいです。

    ありがとうございました。




    作者からの返信 2017/05/19 13:34

  • 何度も何度も涙で文字が見えなくなりました。
    ずっと一人で誰にも愛されてないと感じているセレナ。
    誰かの一番になりたい。
    誰かとと自分を比べてしまう。
    きっと誰もが経験したことのある思いがひしひしと伝わってきて、涙が止まりませんでした。

    計画のことを教えてくれないテオに少しヤキモキしましたが、それもテオがセレナを一番に思うが故の行動だったんだな、と最後まで読んで思いました。
    だからセレナは小さくありがとうと言ったんだな、と。

    テオからの真っ直ぐな愛情に溶かされていくセレナの心をみて、親のような気持ちで読ませていただきました。

    本当はたくさんの愛情をもらってるんだよ、と彼女に伝えたくなるような、素晴らしい「愛」の物語でした。

    おこがましいですが番外篇や次回作なども期待しています!
    駄文ですがレビューも書かせていただきました。
    素敵な物語をありがとうございました!

    森 茉莉花   2017/05/18 14:29

    森 茉莉花 様

    こんにちは。

    感想そしてレビューをありがとうございました。
    涙を浮かべて読んでくださったとのこと、とてもありがたく思います。
    ファンタジーに分類しておりますが、どちらかというと純愛ものだなと思いながら書いていました。
    これまでの作品との違いを強く打ち出せず、ちょっともどかしく思いながらの執筆でしたが、ありがたいお言葉をいただき、書いてよかったなと思っています。

    これからも、のんびりペースですが、活動を続けていきますので、時々のぞいていただけると嬉しいです。

    励みになるお言葉ありがとうございました。


    作者からの返信 2017/05/19 13:28