「妻」hanna.../著  感想ノート

  • 初めまして。

    あたしはまだ結婚をしたことのない
    独身者です。

    「妻」というタイトルに目を奪われて読みました。

    あたし自身、恋愛のことで今悩んでおります。
    まだ 付き合っている相手もいませんが
    やはり頭の中にいつもあるのは
    過去の恋愛で傷をついてしまったこと。
    そして、何より人を好きになることに
    恐れを感じてしまうこと。

    この物語を通して感じたことは
    和香さんはどんなに心が傷だらけで
    あったとしても最後の最後には
    自分が関わりを持った全ての人に対して
    優しくできるということです。

    物語に登場する和香さんは器か大きい
    素敵な方だと思います。

    心から幸せになって欲しいと思える作品でした。

    hanmaさんの作品を機会があったら
    また読みたいです。


    海流來みるく   2019/04/25 22:07

    感想ありがとうございます。

    私が、作品を書いていて思うのは、「ひとは、愛した分だけ愛される。」ということです。
    自分にも相手にも正直に、まっすぐに愛したら、もしも結果が上手くいかなくて傷つくことになったとしても、必ず、それを見ているひとがいると思います。和香にとっての佐和田さんみたいに。またそれは、和香のまっすぐな生き方が、彼女の表情や話し方など、彼女の生き様全てから滲み出るから、和香を「素敵な人」と周囲に思わせ、佐和田さんと引き合わせたとも言えると思います。裏切った夫が和香という妻を忘れられなくて、愛し続けるのも、和香の生き方が彼をひきつけているのだと思います。
    そしてこれは逆もしかりです。裏切り、略奪、ひとを傷つけることをする人間は、必ず、自分のしたことが、大きなブーメランとなって戻ってくることと思います。
    人生は長いです。今すぐでなくても、必ず真面目な自分の生き方に救われる日が来ると思います。そしてまた、人生はたった一回です。「もしもあのとき」と思うのは悔しいから、後悔しない生き方をしたいなと思っています。
    みるくさんよりも少し年上かな?と思うので、ちょっと偉そうなこと書いてしまいました。すみません。
    そして最後に、〝愛〟とは、自分の思いを押し付けるのでなく、相手を愛おしく、大切に思うことだと思います。相手を傷つけないことだと思います‥‥私は、こんなことを考えて文章を書いています。
    また他の作品も読んでいただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。

    作者からの返信 2019/04/26 09:02

  • はじめまして!
    作品に引き込まれて一気に読んでしまいました。

    実はこの作品、私の経験そのままなんです。
    夫に他に好きな人が出来て(それも年下の同僚)、それも相手からの好意。夫は主人公同様に、私を信頼してるという名の下に隠そうとせず、家でも堂々と彼女と連絡を取り、毎日一緒に帰っていたそうです。

    幸い夫も相手も少なからずこの関係が健全ではないと分かっていて、関係は2ヶ月程で、体の関係も未遂で終わりました。

    それでも私の受けた心の傷は大きく、しばらくは毎日メソメソ泣き、フラッシュバックに悩まされました。今思えば私も相手と向き合い文句の1つも言えたらよかったのですが、当時の私にはその勇気がありませんでした。

    驚くことに夫は浮気をしていても私と離婚する気が全くなかったことです。子煩悩な人でもありましたし、家庭を壊す気も更々なく、そこも全く同じで作品を読みながら本当にビックリしました。まるで私の自伝のよう(笑)

    私は主人公の奥さんとは違い、離婚を選びませんでした。まだ夫を深く愛していますし、子供から大好きなパパを奪えなかったから。それでも6年経った今でも心の傷は残り続けていて、きっともう一生夫を信頼することはないでしょう。夫が正直に話してくれる会話と主人公の気持ちも重なり、夫もまた一生罪悪感は消えるとはないだろうと思います。

    この作品を読みながら当時の辛かった気持ちが蘇り、心がえぐられるようでした。それと同時に作品を通して客観的に見ることが出来、私の中でまた少し消化出来たような気がします。

    このような作品に出会えて本当によかったです。
    長々と感想を綴り、自分のことばかりでスミマセン。きっとこのようなリアルな作品を生み出されるにはとても辛い作業だったのでは?と思いますが、これからも楽しみにしていますね。

    のん2928   2018/11/10 09:36

    感想ありがとうございます。
    のんさんのような体験をされた方にこのような感想をいただき、とても有難いです。
    私は、自分の気持ちを文章化することで向き合い、消化したいと思っています。
    こうして感想をいただくことは、そんな私にとって、とても大きな力となり、励みです。ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

    作者からの返信 2018/11/10 12:39

  • hannaさんの書くお話はいつも苦しくて切なくて、胸をギュッと掴まれるような思いで一気に読んでしまいます…不倫をする旦那さんがとても優しくて、本当に奥さんのことが好きなのがよけいに悲しくて...😢

    ふくちゃん♥   2018/11/04 19:11

    感想ありがとうございます。
    最近、不倫してるのに、自分の配偶者にも相手の配偶者にも「罪悪感」を抱かず、自分のことしか考えられない登場人物(私の作品でいえば『夫の恋と夫の愛』の亘由子のような)のお話を目にすることがよくあって、「イヤイヤそうじゃないだろ」、と思ったりしています。やはり人は、「罪悪感」を抱いて欲しいし、自分の本当に愛するひとには真面目で優しくあって欲しいと思ってしまいます。
    これからも読んでいただけたら嬉しいです。ありがとうございました。

    作者からの返信 2018/11/05 06:44

  • はじめまして!
    読み終わり、とても心重く、切なさでいっぱいになりました。
    私は、元旦那さんの浮気疑惑で神経すり減らし我慢出来なくなり、お別れしてしまった人です。
    他人が家族として暮らしていく以上、壊してはいけない絶対的信頼関係が、気持ちが寄り添う事が出来なくなるのは悲しいですね。何より私には、必要とされていないと感じてしまったのがアウト!でしたけど(⌒-⌒; )
    時間が解決…ではないけれど、和香さんが色々葛藤の先に前向きに生きていこうとしている事を、ひたすら応援!穏やかな幸せに包まれますように(╹◡╹)

    たらおさん   2018/11/03 06:20

    感想ありがとうございます。
    二人で築いてきた「絶対的信頼関係」が、一瞬にして崩れた時、ほんとうに辛くて苦しくて、悔しいですよね。
    何だか最近、「罪悪感」という言葉が死語になっているような気がして、「愛」も「性」も、軽くなったような気がして、少しモヤモヤ。そんな気持ちを文章化して相対化できたらなと思っています。
    読んでくださってありがとうございました。

    作者からの返信 2018/11/03 14:11