「妻」hanna.../著  感想ノート

  • 返信ありがとうございます

    楽しみにお待ちしてます。
    生きて行く事って、当たり前なのに
    とても悩み傷ついたり、それでも少しの幸せ求めて、愛に包まれたくて
    右往左往の毎日です。
    人のために、その人への愛のために命懸けで行き行く女性。
    素敵です、私には到底出来ない。
    情の深さゆえに、愛の深さゆえに
    与える為に生きる女性
    早く読める日が来ますように(^^)

    hahahahide   2020/12/11 01:16

  • 愛読書です。
    「妻」なんです、今でも
    色々な感情と戦いなが、折り合いを着けながら。6年経ちますが忘れることのない夫の過ちと、自分をコントロールできないジレンマの中で。離婚出来ない私には、私を救ってくれる相手は見つかる筈もなく
    まだ、愛している?罪な夫となるべく戦わないで生きて行けたら、それも幸せかもしれません。hannaさん、ありがとうございます。
    hahaha

    hahahahide   2020/11/25 02:21

    感想とレビューありがとうございます。
    〝好きの反対は無関心〟、そうなれたら楽なのに、愛しているから再構築、愛しているからのたうち回って...。
    逆に、配偶者に無関心だから、シタ側は不貞が出来たのでしょうね。そんなシタに、サレた側の気持ちを理解しろと言うのは、はなから無理なのか...と思ったりします。
    友人に、拙作の『夫の恋と夫の愛』の妻のような女性がいます。未熟な私は、愛は、相手との関係の中にあるものだから、片方向のそれは辛いし、虚しいと思ってしまいますが、夫にどれだけ酷い裏切りをされても、それでも夫を愛していて、愛するが故に離れることを選ぶ彼女の姿を前に、愛することの重さ、覚悟を考えています。

    次作は、彼女をモデルに、〝愛〟について考え、書きたいと思っています。命懸けで夫を愛する彼女の姿を想い、書きながら苦しくなって、なかなか筆が進みませんが、彼女の愛を、何かの形で残したいと思っています。また読んで頂けたら嬉しいです。
    これからも宜しくお願いします。

    作者からの返信 2020/11/25 11:14

  • 不倫のワードに反応して読み始めました。
    私は、かなり年齢は上ですが幾つになっても忘れないものだと。
    自分でも呆れる程思い知りながら読ませて頂きました。
    旅行の後彼女に買って来ていたシャネルのイヤリングや、突然家に現れた時が、フラッシュバックしました。
    私には、経済的な力は有りましたさら子供達を連れて離婚もあり得ました。  それでも何故かそのまま継続して一緒に生活しています。  穏やかに許している訳では無いのです。
    その為本や他の事に気分を紛らす事だけが上手くなりました。
    離婚して自分を取り戻すことが出来るなら、この和香さんの様に立ち直りたいと思いました。

    ユリユリママ   2020/09/17 15:20

  • 初めまして黒霧です。妻というタイトルに目を奪われて一気読みしてしまいました。私は不倫した側です。大好きだった人と結婚出来て幸せでしたが、お互い仕事してたので、休みも合わない、完璧にすれ違い状態でした。その時に出逢った人に心奪われました。旦那にはバレない様に…今回で終わりにしようと何度も思いましたが…今は元旦那さんもいい人と再婚してます。
    不倫は、どちらも傷つけるだけですよね。
    ファン登録させて頂きました。ホントに考えさせられた作品でした。又これからも良い作品書いて下さい

    黒霧   2020/08/20 17:51

  • ご丁寧なお返事を有難うございます。私は小説を書くことはありませんが、行動や仕事、果ては歩んできた人生を文字化、図式化することはよくあります。混乱したりわからなくなった事を整理する方法として最適ですよね。
    hannaさんの価値観は作品を拝読する限り古くありませんし、多様な選択肢をそれぞれの作品に描いているので、まだ結婚してない人から結婚をしていてやめた人にも自分を振り返るよいキッカケになると思います。実際に私がそうです。多くの作品を拝読してきましたが、自身の道のりを振り返り考えさせられたのは初めてでした。とても有り難く感謝しております。
    作品の性格性からもしや攻撃されることもあり得たのでは?と、長くネット世界に関わってきたので想像いたします。が、ここにある全てを読んだ者としては、やはりこれらの作品は残しておいて欲しいものばかりです。色々な意味で道標になる言葉が多いからです。
    ずっと応援しますね^_^

    かしらぎ   2019/12/11 20:32

>>全て見る