「皇帝陛下と初恋の姫君〜陛下の甘い手ほどき〜」皐月なおみ/著  感想ノート

  • 素晴らしい物語をありがとうございました。
    これは、ファンタジーや恋愛の枠を超え愛憎を見事に表現した優れた作品だと思います。
    また、ギルロイやアイギルに焦点をあてれば親(父親)の意義を考えさせられます。
    シンシアにおいても父親の犠牲になってしまったあわれな姫なのかもしれません。
    もし、彼女にスポットをあてるならヴィンセントとの関係より明確になるのかもしれません。

    フェデリカにおいては気の弱い守られっぱなしのお姫様ではなく、伝えなくてはならないこと、言うべき言葉をしっかりもった女性でした。
    実はヴィンセントとフェデリカが再会するまでの経緯を読んでいるとき、源氏物語の光源氏と紫の上のような雰囲気があるなぁと思っていました。
    最終的にヴィンセント好みの女性に育ったのでしょうか?
    エピローグもどんな風に持っていくのか?とおもっていれば…
    「ヴィンセント頭いいね!」って思わず呟いてました。
    素晴らしかったです。

    また、こんなおもしろい作品を楽しみにしています。
    本当にありがとうございました。

    naoy   2020/06/03 21:57

    naoy様

    「囚われの〜」に引き続き、ご丁寧な感想をありがとうございます!とっても嬉しいです。
    これもまた少し前の作品でして…文章が下手で、直すか…閉じようか…でもまだ読んで下さる方がいるみたいだから…なんて思いつつ残している作品ですので、ちょっと恥ずかしいです。
    でも私自身とても気に入っているお話なので楽しんでいただけたなら嬉しいです。
    そしておっしゃるとおり、この話の裏のテーマは父と子なのです。
    シンシアが本当にかわいそうだと思いながら書いていました。
    ギルロイはわかりやすく酷いですが、アイギルも相当酷い。
    そんな中でもがき苦しむ二人の女性をヴィンセントを挟んで対照的に描いてみました。
    物語は終わりましたが、フェデリカはまだまだ伸びしろがありそうなので、ヴィンセントは育ててるつもりが、意外と振り回させるのでは?と思ったりしてもいます。
    ラブシーンより悪い人たちを書く方が楽しくて、いろいろ苦戦していますが、またドキドキする作品が書けたらなぁと思います!
    ありがとうございました!

    作者からの返信 2020/06/04 18:37

感想ノートに書き込むためには
会員登録及びログインが必要です。