「お見合い夫婦!?の新婚事情~極上社長はかりそめ妻を離したくない~」紅カオル/著  感想ノート

  • カオルさん、はじめまして。
    カオルさんの作品は『一夜の艶事から〜』、『離婚前提。〜』そして、こちらをこの何日かで一気に読んでしまいました。
    どれもキュンキュンして読み終えて、今回コメントを書かせていただきました。
    久城総合病院が登場して繋がりが感じられて嬉しくなりました。
    晴臣のお兄さんのお話もあるんですね!
    家事を済ませ、夜な夜なカオルさんの作品を読んで、幸せのな気持ちになるのが今の私の楽しみです!!

    ひまわりstar   2021/02/14 07:14

    ひまわりstar様

    はじめまして!
    なんと、そんなにたくさん一気にお読みいただいたんですね! 光栄です〜₍₍ ( ๑॔˃̶◡ ˂̶๑॓)◞♡

    そうなんです、久城総合病院はみんなのかかりつけ医なんです(笑)

    晴臣の兄のお話は幼馴染みモノになります。
    お時間の許す時に読んでいただけると嬉しいです!

    夜のひとときの貴重なお時間に本当にありがとうございます。
    こうして書き込みをいただけるのもとっても嬉しかったです。

    ありがとうございました!

    作者からの返信 2021/02/14 18:27

  • ヒロイン可愛くて健気です!綺麗にまとまってよかったです。
    そして、晴臣さんはこういう感じなんですね〜ペースが乱されるのが良かったです。

    お兄ちゃんの作品も再読してしまいました。

    selav   2020/11/22 23:16

    selav様

    晴臣はこういう感じだったんですー(〃ω〃)
    楽しんでいただけて嬉しいです。そしてなんと一慶の話まで再読いただいて!
    ありがとうございます!!

    作者からの返信 2020/11/23 16:41

  • おもしろくて夜中に一気読みしてしまいました!素敵な作品ありがとうございました☺️

    aoioi   2020/11/10 01:38

    aoioi様

    一気読みしてくださりありがとうございました!
    楽しんでいただけて光栄です。
    こうして書き込みもありがとうございました。

    作者からの返信 2020/11/12 06:32

  • 紅 カオルさま
    今回も久城総合病院がコラボしてましたね。すっかり紅作品の登場人物達のかかりつけ病院になりましたね(笑)
    果歩と晴臣を引き合わせた文代さん、よくいる世話好きのおばちゃん的なキャラでしたが、ハードボイルド小説を愛読するだけあり、果歩のピンチにいち早く気づきナイスアシストです。(幸人よ、おばちゃんを舐めてはいけません)
    次回作も楽しみにしております。

    にゃんごろう   2020/11/08 01:44

    にゃんごろう様

    コラボに気づいてくださってありがとうございます(๑˃̵ᴗ˂̵)و
    はい、かかりつけ医ですね(✿´ ꒳ ` )

    文代は、いつか自分も悪を懲らしめたいと思っていたので、それが叶う形となりました(笑)
    そうですね!おばちゃんを舐めちゃいけない。痛い目をみます( ˘ω˘ )

    いつもお読みくださりありがとうございます。書き込みも嬉しいです。
    感謝感謝なのです。

    作者からの返信 2020/11/12 06:32

  • はじめまして。
    テンポ良く、私も一気に読んでしまいました。二人の人柄が滲み出るようなほんわかとする作品でよかったです。😊
    二人のその後も読んでみたいです。また、一慶さんと奥さんの作品も書いていただけたら、嬉しいです。
    また、新作待っています‼️
    お体、ご自愛くださいね。

    ちゆち   2020/11/05 11:13

    ちゆち様

    はじめまして!
    ほんわかしているふたりのお話を楽しんでいただけてホッといたしました。

    ふたりのその後は今すぐは無理なのですが、機会がありましたら書いてみたいです。

    じつは一慶と幼馴染のラブストーリーも本棚にあるんです。
    【オオカミ社長と蜜夜同居~獣な彼の激しい愛には逆らえない~】というタイトルです。
    マカロン文庫としても9月に配信になっております^ ^
    よろしかったらお読みいただけるとうれしいです。

    新作も近々アップ予定ですので、しばしお待ちくださいませー。

    書き込みありがとうございました!

    作者からの返信 2020/11/05 20:24

>>全て見る