感想ノート

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
なにかありましたら一言でも残してくださると嬉しいです。

  • 感想失礼します。

    この作品を読んで、余韻に浸ったあと、すぐにインターネットに飛んでアダルトチルドレンのことを気づいたら調べていました、、、。

    一気に読まずに、時間が空いている時に読ませていただいていたのですが、その読むたんびに気づいたら涙が出ていたり、少し笑ってしまったりしていました(笑)。

    役割が違った三人だけど、それでもお互い放っておくことは出来なくて、お互いのために行動していた三人にすごい勇気を貰いました、、。

    こんな感想ですが、、少しでもこの気持ちが届いたら嬉しいです!!!
    素敵な作品を作ってくれて読ませてくれてありがとうございます!
    これからも頑張ってください。

    初めて感想書いたのですが、、、大丈夫ですかね、、💦
    応援してます。失礼しました!

    天井 苺   2022/06/05 07:59

    天井 苺さん、この作品をお目にかけていただき、そして初めての感想ありがとうございます…!

    作者の私自身、アダルトチルドレンというものはすごく身近な存在でもあり、自分自身にとっても読者様にとっても、なにかの救いになればと思い、執筆したお話でした。

    大人になりきれない大人がいるからこそ、子供がその役割を担う。
    だからこそ、このお話は大人という存在が手助けできるものじゃなく、当事者たちがお互いに支えあって助け合えたんだと思います。

    この物語を通して何か心に届くものがありましたら嬉しいです✨

    このお話を通して、麻倉シキの作品に少しでも興味を持っていただけましたら幸いです。

    温かな感想、本当にありがとうございました!

    作者からの返信 2022/06/05 09:50

  • なんでこれが書籍化されないの!?
    こんなにいい話なのに…、

    シキさんすごいですね。人を感動させる本ばっかり!!

    あすかちゃんが「苦しい」(なんかその前の言葉が書けんかった)って言ったときから、涙が止まりません。
    おかげで周りは丸められたティッシュばかり……

    誰かのために自分を殺してしまう子がいる。というのはなんとな~く知っていたのですが、ここまで詳しい話を読んだのは初めてです!!
    3人とも選んだ役割は違うけれど、思いは同じなんですね……。
    違うようで、根本は似ている。そんな三人だったからこそ、それぞれがお互いを救えたんでしょう。

    最後、直接『幸せになりました!!』のようなことは書かれていなかったけれど、
    道化師には仮面を壊してくれる人がいて、迷子の犬には自分のことを見てくれる人がいる、慰め役には受け止めてくれる人がいる。
    それぞれの闇を救ってあげられる人がいるから、きっとハッピーエンドでしょう!!
    家族とのことも…苦しいことはたくさんあるだろうけど、きっと乗り越えていけると思います。

    こんなに最初から最後まで泣いてしまう本は初めてかも…
    シキさんの本は、初めてが詰まっていますね!!

    長文失礼しました。
    でも、それぐらい魅力的な本です!!
    これからも頑張ってください!応援してます!!

    3ii   2022/05/13 17:51

    3iiさん、前作に引き続き、レビューと感想ありがとうございます…!

    このお話はほとんどが実話なので、こういう育ちをしてきた読者様、そうではない読者様、
    両方の心に何か残るものがあればいいなと、そして考えさせられる物語になったらいいなと執筆させていただきました。

    その道しかなかった、誰よりも大人でいなければいけなかった子供たち、
    アダルトチルドレンでなくとも、誰かの顔色だけを伺って生きづらい毎日を過ごしている人はたくさんいると思います。

    最後は詳しくは説明しませんでしたが、3人共が前を向けるエピローグになったんじゃないかなと。

    この作品を通して、3iiさんの中に何かが生まれていましたら嬉しいです。

    応援ありがとうございます…!
    これからも麻倉シキをよろしくお願いします。

    作者からの返信 2022/05/13 21:45

  • はじめまして。Saraと申します。とても感動して、思わず感想を書かせてもらいました。アダルトチルドレンを知らなかったのですが、この作品を通して、調べてみたところ、自分にも当てはまる事が沢山あり、すごく身近な事だと実感しました。主人公の3人が、幸せな結末になり、とても嬉しいです。嫌な気持ちにさせてしまったら申し訳ないんですが、3人のその後が、見たいです。これからも執筆頑張って下さい。応援しています。

    Sara   2022/05/03 20:41

    Saraさん、はじめまして!このお話を読んでくださり、ありがとうございます。
    アダルトチルドレンというものは、今の世の中すごく身近にあるものだと私も思っています。
    この作品を通して知るきっかけになってくださったこと、そして何を考えるきっかけになってくださっていましたら嬉しいです。
    いえいえ、嫌だなんて思いません!
    むしろ続きを望んでくださって光栄です…!機会がありましたら前向きに検討させていただきますね。

    作者からの返信 2022/05/04 17:35

感想ノートに書き込むためには
会員登録及びログインが必要です。

pagetop