キミと過ごした、光輝く270日間のキセキ【2.19おまけ追加・完結】

♦︎あとがき

最後まで読んでくださった読者の皆様、本当にありがとうございました。

実はこの作品を執筆し始めてすぐのこと。
大好きな祖母が空へ旅立ちました。
2023年10月中旬から入院し、あっという間でした。
悲しみから執筆が進まず、この作品の執筆を止めようかと悩みに悩んだ末、無事完結させることができました。

また完結間近に私自身が流行病にかかってしまい、そこでもなかなか完結へと進まず…。
それでも無事完結を迎えることができたのは、読者の皆様のおかげでです。

本当にありがとうございました。

2月19日、おまけが完結いたしました。
そちらも合わせてお楽しみくださいませ。

2024.2.19
< 189 / 189 >

ひとこと感想を投票しよう!

あなたはこの作品を・・・

と評価しました。
すべての感想数:117

この作品の感想を3つまで選択できます。

この作家の他の作品

淡いピンクのカクテルは、私と彼を甘く誘う~凄腕脳外科医に溺愛されています~

総文字数/30,252

恋愛(純愛)55ページ

第1回ベリーズ文庫デビュー応援コンテストエントリー中
表紙を見る
幼なじみの天才外科医に囚われたら、溺愛甘々生活が始まりました

総文字数/16,334

恋愛(オフィスラブ)30ページ

第1回ベリーズ文庫デビュー応援コンテストエントリー中
表紙を見る
ひとつのおむすびがきっかけで、凄腕救急医に溺愛されることになりました

総文字数/27,950

恋愛(純愛)51ページ

第1回ベリーズ文庫デビュー応援コンテストエントリー中
表紙を見る

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

この作品をシェア

pagetop