ホウセンカ
アガパンサスの押し花
 この連休は、浅尾さんのことばかり考えていた。

 どうして一方的に自分のIDを教えるだけにしたんだろう。私が連絡しなかったら、それで終わりになっちゃうのに。
 連絡来る自信がある?それとも、来なくてもいいって思っている?

 頭の中でずっとグルグルしていて、結局連絡は出来ていない。
 口説かれているのは私だったはずなのに、何故かこっちが追いかけなければいけないような状況になっている気がする。

 浅尾さんが何を考えているのか、本当はどういうつもりで私を誘って連絡先を教えてきたのかが、まったく分からない。
 また今度。浅尾さんが何度も言った言葉が、ずっと頭の中を巡っている。

 目を閉じると浅尾さんの顔が浮かんできて、なかなか眠れなくて。若干寝不足のまま大学へ行った。どうしてこういう日に限って、1限から授業があるんだろう。

「愛茉、おはよー」

 講義室に入ると、七海が明るく声をかけてきた。朝から元気で羨ましい。
 七海とは履修している授業がほぼ同じだから、大学ではいつも一緒に行動している。今日も、私たちの定位置になりつつある窓際の席をとっていてくれた。

「おはよう、七海」
「大丈夫?顔色悪いけど、まだ生理痛?」
 
 そうだった。生理って嘘ついていたんだった。
 でもやっぱり後ろめたいし、あとあと面倒になるのも嫌だから、七海にはちゃんと話しておこう。
 
「今日は、ただの寝不足。本当は生理って嘘だったの。実は合コン抜けた後、浅尾さんと会ってて……」

 怒るかと思いきや、七海の顔がパッと明るくなった。
 
「マジで?やっぱり~!そういう気はしてたんだよね」
「ごめん、嘘ついて……」
「いいよ、いいよ。そうじゃないかなって思ってたからさぁ。あんなにかっこいい人が、何もなく帰るわけないだろうなって。そっかぁ、やっぱり浅尾さんの狙いは愛茉だったか」

 七海のさっぱりとした性格が羨ましい。裏表がないから、私も気楽に付き合える。ただ、言いたいことを何でもかんでも言ってしまうところは、玉に(きず)だけど……。
< 14 / 400 >

この作品をシェア

pagetop