完璧ブラコン番長と町の謎
プロローグ
 草木も眠る丑三つ時。
 私は、自分の身体より三倍はある大蛇と対峙していた。
 私は空中で持っていた刀を大きく振り、大蛇の身体を両断した。
 ふわり、と羽織っていた『かくりよの衣』が、月光を浴びて舞う。
 すとん、と、ゆっくり私の身体は地面に着地した。
 月が照らす美しい夜。
 影が落ちるアスファルトの上で、座り込んでいた男の子と目が合う。

 ――そう、目が合った。
 普通の人間には視えないはずなのに、彼の目には、しっかりと私の姿が映っていた。

「小野…………か?」

 そして私は、後になって知る。
 その男の子は、私がついこないだ転校した学校の、有名な男の子だということに。
< 1 / 29 >

この作品のキーワード

この作品をシェア

pagetop