「紅芳記」深菜都/著  感想ノート

感想など待ってます!

  • 石川です。
    修正しても、しなくてもいいので、早く更新、完結してほしいなと思います。

    石川 彩   2017/12/20 12:51

  • 深菜都(みなと)さん、石川です。
    『紅芳記』、大好きなので、1日でも早く更新、完結してほしいなと思っています。
    そして、この小説が好きだからこそ、気になる所があります。
    気分を悪くなさらないで、ご覧になっていただければ幸いです。
    1、『主、家康様は、上野国上田城に篭城することを決めた真田との戦をしかけたのでした。』(4ページ目)、
    『上田城のある上野(コウヅケ)国までは、』(73ページ目)
    上田城があるのは信濃(しなの、長野)ですね。
    2、『その大軍勢が、上州に向けて出立した。』(4ページ目)
    『上州上田城へ向かうのです。』(72ページ目)
    『何事もなく上州上田城に到着したのです…。』(73ページ目)
    信濃なので、信州なのでは?
    3、「中で、真田信之殿と申す方は、たった300ほどで徳川の主力と合間みえたそうにございます!」(7ページ目)
    第一、私を養女とする元々の目的は、私を真田信之さまに嫁がせるため…。」(31ページ目)
    『今は信之さまと共に寝所にいます。』(99ページ目)
    『信幸』さんに統一をお願いします。
    4、「小松姫、浜松城どうじゃ?」(40ページ目)
    『は』が抜けてるかなと思います。
    5、恐れ多くて恐れ多くて…。」(49ページ目)
    恐れ多くて、1回だけでいいのでは?
    6、「旦那さまと、奥さまは先程……野盗に、襲われ………亡くなりまして、ございま「嘘じゃ!」(58ページ目)
    この表記、違和感があります。
    ページ数が多いので、まず100ページ目までで、気になる所を上げてみました。
    修正、更新および、(出来れば2020年位までの)完結を楽しみにしてます。

    石川 彩   2017/12/17 13:50

  • 初めまして。石川です。
    『紅芳記』、楽しく読ませてもらってます。
    私は歴史が大好きです。
    小松姫さんの事を詳しく書かれていますね。
    更新、楽しみにしてます。(^o^)v

    石川 彩   2017/09/16 13:40

  • こんばんは(*´∇`*)
    はじめまして!

    とても詳しく書いてある話で、読んでて楽しいです!

    まだ、読みきってないですが、楽しんで読ませてもらいますm(__)m

    緋月琴羽   2012/08/28 23:07

  • 戦国時代が大好き

    歴史番組も好き!
    あんまり歴史物書いてる人いないんですね
    『齋宮』の話しことばとか携帯大賞に応募してほしいくらい良かったです
    実際した方で更新楽しみにしてます

    イチゴシヨート(退会)
    2011/09/17 07:39

>>全て見る