編集部からのお知らせ

「はぐれ雲。」つるぎ須磨子/著  感想ノート

この「はぐれ雲。」を読んでいただき、本当にありがとうございます。
なんでもよいので、作品の内容に関しての感想をお持ちしております。
どうぞよろしくお願いいたします。

  • つるぎ須磨子さま

    おめでとうございます。

    Berry'sCafeのオススメに掲載されましたね。

    これを機に改めて読み直させていただきました。

    私にとっての名場面は博子が亮二のことを初めて「先輩」と呼ぶところでしょうか。

    新作もぜひ読ませていただきます。

    これからも頑張ってください。

    摩っ湖莉   2012/10/18 22:24

  • 「初恋は実らない」
    よく聞く言葉ですよね。

    実らないほうが幸せと聞いたこともあります。
    結局どうなんでしょうね。

    摩っ湖莉さん、
    感想ありがとうございます。

    携帯電話もない時代の恋ですから、
    まどろっこしかったのではないでしょうか?

    私達の時代はこうでした。
    今では考えられないですが…

    なかなか気持ちを伝える手段がなくて…
    苦労しましたよ(笑)

    博子と亮二はそんな時代に恋をしたんですよね。

    「つむじ風。」もぜひ読んでみてください。
    さりげなく宣伝(笑)

    つるぎ須磨子   2011/10/17 17:03

  • 初恋って実らないって言われますが、この「はぐれ雲。」、本当に切ない話でした。
    好きなのに、それを伝えられないまま相手が急にいなくなって、忘れかけた頃に再会なんて、なんか悔しいです。
    まして自分は刑事の妻になっていて、彼は暴力団の幹部に…
    悲恋としか言いようないです。
    博子と亮二を応援したい気持ちもありつつ、達也もがんばれ!みたいな感じで、読んでてすごく心が揺れました。
    恋愛だけじゃなくて、背景もしっかり書いてあるなぁと思いました。
    次は「つむじ風。」読みます。
    早く亮二の本当の気持ちが知りたいです。

    摩っ湖莉   2011/10/16 23:49

  • 読んでくださりありがとうございました。
    誤字脱字で読みにくかったと思います。
    毎日見直してるのですがなかなか…(笑)
    最後、後味が悪いとお思いになるかもしれませんが、あえてああいう終わり方にしました。
    今後の二人は…想像してくださいね。
    あと亮二の博子への愛の表現も、極力少なくしたつもりです。
    これも想像していただければ自分だけの亮二像が広がるかもしれません。
    たかぽんぽんさん、感想ありがとうございました。
    とてもうれしかったです。

    つるぎ須磨子   2011/09/16 20:55

  • とてもよかったです。
    達也の愛、亮二の愛、とても胸が痛みました。
    また、終盤の真梨子と林の関係、前田が林だったこと…衝撃でした。
    そこまで読んで初めていろいろと各箇所で伏線をはられていたのだと、改めて読み返しました。
    エピローグで博子のもとに達也が訪ねてくるシーンですが、あれから二人はどうなったんだろうと、かなりの余韻に浸っています。
    個人的には達也と博子、寄りをもどして欲しい気もします(笑)

    亮二の気持ちがあまり描かれていなかったので、もしよろしければ、いえ、ぜひ、亮二の思いを中心とした「はぐれ雲。」の続編をお願いしたいです。でも、亮二の気持ちをあえて書かないほうが、ミステリアスさが増すのでしょうか。

    でも本当にはまった作品です。
    会員登録せずに読んでいたんですが、レビューを書きたくて、会員登録しました。
    ぜひぜひ他の人にも読んで欲しい作品です。何回も読み返したいシーンがたくさんあります。
    これからもたくさんの作品を書いてください!
    応援しています。

    たかぽんぽん   2011/09/16 19:28