「純悪女」佐倉伊織/著  感想ノート

  • のはるさま>

    ご購入いただき、ありがとうございます!
    ふたりは意地の張り合いのようなところもありましたが、お楽しみいただけたならうれしいです。

    子育て…このふたりはどうなるでしょう。
    徹のパパ姿が、ちょっと笑えます。
    溺愛でしょうけど。

    ありがとうございます。
    この二人(もしくはどちらか)は、また別の作品の端っこに登場しているかもしれません。
    何かの機会にのはるさんに再会できるとうれしいです。

    ありがとうございました。

    佐倉伊織   2016/12/05 16:45

  • 初めまして。
    「ある晴れた日に」を読んで興味を持ち「純悪女」購入しました。徹と梓の掛け合いは面白かったです。
    読んでいて徹と梓の子育ても読んでみたいと思いました。
    何度読んでもキュンキュンします。
    これからも作品を楽しみに読みたいと思ってます。

    のはる   2016/12/04 21:31

  • 音葉ぽるか様>

    書籍を買っていただいたんですね。
    ありがとうございます!

    そうなんです。
    ふたりの話は、元々本編にはなかったのですが、どうしても入れたくて担当さんにお願いしました。

    隠れミッキーに(笑)気がついていただけて、うれしいです。
    いろんな作品にミッキー隠れてますから。
    多分、私にしかわからないようなものまで←意味がない

    読み返していただけて、とてもうれしいです。

    木崎君も、ありがとうございます(涙)

    佐倉伊織   2014/08/05 20:58

  • 本棚を整理していて、もう一度読み返したら、
    璃音ちゃんと柏木君の結婚式が出ているじゃないですか!

    今更発見して思わず感想ノートにお邪魔しちゃいました。
    隠れミッキーみつけてみたいにすごくうれしかったです。

    書籍になってると、何度も読み返せていいですね。
    二人の話も、いつか書籍になるといいな。

    木崎君ももちろんゲットしますよ♡

    音葉ぽるか   2014/08/05 20:17

  • samurai1様>

    見ていただけましたか!
    帯などは全くノータッチなのですが、出来上がってきたものを見た時、私もニマニマでした。

    読者様からの感想は私の宝物ですので、こうして帯に取り上げていただけるのはすごくうれしいんです。
    本当にいつもありがとうございます。

    あちらも読んでくださっているのですか?
    濃厚に(笑)頑張ります。

    佐倉伊織   2014/03/24 22:02

>>全て見る