「始末屋 妖幻堂」藤堂 左近/著  感想ノート

  • ☆藤堂 鞠花さま

    読了ありがとうございます!

    これは結構皆幸せになってるかな。
    妖幻堂の面々は相変わらずといえば相変わらずなんですけど。

    そうそう、千之助の元、誰かわかりましたか?

    あ、掌編小説に参加されるんですよね。
    最新のお題、さっきアップしました( ̄▽ ̄)
    無理やり感ありありですが……。

    藤堂 左近   2016/04/09 00:13

  • 藤堂 左近様

    こんばんは。 読み応えたっぷりで楽しかったぁ。
    最後まで読みました。 

    佐吉と小菊さん良かった。 素直になったからだね。
    千之助さん、いつの時も狐姫様のことを想うようになってるし、何時から溺愛気味? 微笑ましいです。 極上の油揚げ。狐姫様のための必須アイテム(笑) 千之助さん、狐姫様の喜ぶ顔が見たいんだね。

    幸せそうな狐姫様。良かったぁ・・・。安心しました(笑)
    素敵な作品読ませていただきました。
    ありがとうございました。

    さぁ、次行くよ・・。 
    あっ、その前に『たまごのなかみ』にお邪魔します。

    藤堂 鞠花(退会)
    2016/04/08 23:57

  • ☆藤堂 鞠花さま

    そんなに感動していただけるとは。

    ここはちょっと、二人の想いが通じるところ……と言えるかもです。
    狐姫はずっと不安に思ってたんでしょうね。
    それを拭い去ってくれたと考えれば、千之助もやっぱり狐姫を大事に想ってるってことです。

    牙呪丸たちと違って、この二人は人に近いのでね。
    感情もちゃんとあるのです。

    藤堂 左近   2016/04/05 23:21

  • 藤堂 左近様

    こんばんは。
    狐姫様、屋敷に入りづらそうなのを千之助さんが、気づき手招きして呼び寄せ抱きとめる。この一連の流れが、とても自然に感じました。

    スッと作品に入り込めるのが凄いです。左近様の描写に拍手です。

    それと、狐姫様・・人型にならないのが、いじらしいですね。
    二人のやり取りに、何故か泣けました。 狐姫様の『あちきがいなくなったって、困らないだろ』に切なくなり千之助さんのさり気ない告白? に号泣です。 今日は涙腺が崩壊しているまりちゃんです。

    良かったね。狐姫様。と心から思いました。
    今日は、感動の一コマでした。

    続きが楽しみです。 楽しくそして号泣しながら読み進めていきます。

    藤堂 鞠花(退会)
    2016/04/05 21:59

  • ☆藤堂 鞠花さま

    千之助と呶々女、お互い相手のことは……愛なんでしょうか?
    千之助はともかく、呶々女にそういう感情があるかどうかは謎ですね。
    つか、牙呪丸も呶々女に拘るのは愛故なのか?
    ……まぁそこは後書きでわかるかと( ̄▽ ̄)

    千之助は何気に全てが謎なので、そこのところも実際はどうなんでしょうね?
    千之助の謎も、後書きで多少はわかるかもですが。
    でも全部は明かしてないけど( ̄▽ ̄)
    最後に謎解きしてみてね。

    藤堂 左近   2016/04/03 23:17

>>全て見る